ここから本文です

Eコマース・通販向け配送センターソリューション

近年通販業界において、翌日配送・リードタイム短縮は、他社との競合を優位にする上で重要な要素となってきました。一方労働人口の減少による人手不足や人件費の高騰は、物流管理者を悩ます課題となりつつあります。

ピッキング、梱包、仕分けに自動化システムを導入することで、人員数や俗人的な影響を減少させ、セールや繁忙期等ピーク時にも迅速にお客様へ商品をお届けるすることが可能となります。

出荷先別仕分けの自動化

出荷先別仕分けをソーターで行うとき、ライン投入時にコントロールしない限り、シュート先端にて作業者が店別・カテゴリー別に2次仕分けを行う必要がありました。

2次仕分けの手間と積み間違いを削減するため、高能力荷揃え装置「シャトルラック」を導入し、仕分けソーターへの荷物の供給をコントロールすることでシュートでの2次仕分けが不要になります。

ロボットで自動積み付け・自動搬送を行えば、シュート下での作業のさらなる省人化が可能になります。

梱包作業の自動化

BtoC対応型の物流センターでは梱包・出荷ラベル貼付の工程に多くの人手がかかっております。

段ボール対応自動梱包装置やシュリンクパックシステムなどの多様な自動化装置を組合せることにより、省人化が可能になります。

通販飲料ケースパッキング作業の自動化

通販飲料のケースパッキング作業は、飲料用ダンボールや飲料ケースを段積みし結束する作業が必要です。自動段積み機及び自動バンド検束機を導入することにより作業の自動化が可能になり人への負担を大きく軽減するとともに、省人化が可能になります。

ピースピッキング作業の自動化

通販事業・BtoC対応でピース単位での荷揃えが大半を占めます。
ピース保管・入出庫用の小型・軽量自動倉庫を導入することにより、従来のピッキング方式の概念を大きくかえ、ピッキングから荷揃えまでピース単位での自動化を行い、省人化が可能になります。

Eコマース、小売り、卸ソリューションに関するお問合わせ

フォームでお問合わせ

お電話でのお問合わせ

受付時間 9:30~17:00
(土日及び当社指定の休業日を除く)

03-6721-3531