ここから本文です

オリコンのカゴ車自動積付装置

高能力自動倉庫とロボットの組み合わせにより、オリコンを出荷先別のカゴ車に自動積付けします。

ソータのシート先でのカゴ車への積みつけは、オリコンが到着する頻度と人員配置、担当シュート数のバランスで、手待ちやオーバーフローが 発生しますが、高速自動倉庫とロボットを活用する事で完全自動化が図れ、シュートスペースも削減できます。

従来の自動化での課題

コンベヤに投入したオリコンをソーターで仕分けし、各シュートで作業者がカゴ車へ積み付けます。

  1. 1.積付作業者の配置・人件費
  2. 2.コンベヤへの投入順序・頻度
  3. 3.ソーターシュートのスペース確保
  4. 4.積み付け作業者の体力的負担

ソリューション

オリコンを高能力自動倉庫に一時的にストレージし積みつけ順に出庫を行い、ロボットでカゴ車へ自動積み付けします。

  1. 1.1台あたり最大2000オリコン/時間の処理能力で、約7名分の作業を処理。自動倉庫と組み合わせて完全自動化を実現。
  2. 2.シュートのスペース削減

自動ピッキングに関するお問合わせ

フォームからお問合わせ

お電話でのお問合わせ

イントラロジスティクス事業部
受付時間 9:30~17:00
(土日及び当社指定の休業日を除く)

03-6721-3531