ここから本文です

電動台車式水平流動棚「シャトルラックL」

先入れ先出しが簡単にでき、格納効率が高く、拡張性に優れた台車式水平フローラック

「シャトルラックL」は、駆動式流動棚のようにレール数ごとに多数の駆動部が必要なタイプに比べ、入出庫頻度に合った最適な台車数を導入し、作業が必要なレーンにフォークリフトで台車を移動・セッティングするため、低コストで導入が可能です。また、導入後の拡張性にも優れており、搬送台車・間口の増設にも柔軟に対応できます。

多彩な運用モードが可能なため、限られた設置スペースで効率的なレイアウトが構築でき、フォークリフトで入出庫を行うマテハン設備としては、面積当りの格納数が最も多く省スペース化を実現できます。

列ごとのロット管理に最適で、手前から入庫し奥から出庫する運用も可能です。確実な先入れ先出しができ、乳製品のエージング工程や、フレコンバッグの段済み、副原料や包装資材の供給待機、食品の出荷前の一時保管などで活用されています。

ロット単位が小さい格納物、ケース単位のピッキング作業がある場合は、移動ラック(移動棚)との比較検討をお勧めします。

shuttle rack L, pallet shuttle

画像を左右にドラッグすると回転します。

特長

高いスペース効率

固定棚に比べ約2~3倍のスペース効率を実現

リモコンで簡単操作

搬送台車の操作は全てリモコンで行え、フォークリフトに搭乗したまま、簡単に操作できます。

省エネ

搬送台車(シャトル)にはバッテリー方式を採用。減速時に回生電流をバッテリーに蓄電することで、連続稼働時間8時間を達成。導入後のランニング費用を抑えることができ、省エネを実現しています。

運転モード

単一入庫設定機能

作業者側に置かれた荷物を棚の奥詰めで格納し、台車は作業者側に戻る

単一出庫設定機能

最も作業者寄りに格納されている荷物を最前列に出庫

全出庫設定機能

全ての格納物を自動で作業者側に出庫

個数指定出庫設定機能

出庫する荷物の数を指定して出庫

手前荷揃え設定機能

出庫する荷物の数を指定して出庫

奥荷揃え設定機能

台車を置くスペースを残し、格納物を全て作業者側と反対に搬送

終端移動設定機能

作業者と反対側に台車が移動(反対側にいる作業者に台車を渡す)

連続入庫設定機能

単一入庫を繰り返す

在庫数確認設定機能

台車上の在荷検出センサーで格納数を算出し、リモコンに在庫数を表示

牽引救出設定機能

万が一、ラック内で台車が故障しても、もう一台の台車で作業者側まで牽引

シャトルラックLのお問合わせ・カタログのダウンロードはこちらから

フォームからのお問合わせ

ラックシリーズに関する
お問合わせ

お電話でのお問合わせ

イントラロジスティクス事業部
     
受付時間 9:30~17:00
(土日及び当社指定の休業日を除く)

03-6721-3531

シャトルラックL カタログ

PDFダウンロード
[PDF:732KB]PDFファイルを開きます

PDF形式のファイルをご利用になるためには、Adobe Readerが必要です。(無償)Adobe Readerのダウンロードはこちら