ここから本文です

デジタルピッキングシステム (DPS)

生協、卸売り、通販業界での食品・日用品のオーダー別ピッキングで豊富な実績

デジタルピッキングシステムは、棚などに取り付けられたデジタル表示器の指示に従って、商品を摘み取っていくピースピッキングシステム。少品種多量から多品種少量まで、幅広い用途に対応したシステムが構築できます。作業者の担当範囲が限定でき、商品の指示・数量が表示されるため、紙のリスト方式に比べ作業効率がアップし、ピッキングミスも大幅に低減できます。

デジタル表示器はさまざまなラックにも取り付けが可能で、荷姿や用途に合わせたラックを簡単にデジタルピッキングシステムとして運用ができ、小型自動倉庫と組み合わせした自動化ピッキング装置しとしても活用されています。

レイアウトバリエーション

基本のレイアウト

表示器の指示に従い、傾斜棚からピッキングした商品を、背面のコンベヤ上のコンテナに投入します。

フロントピック:「屈まない & 振返らない」で作業者の負担軽減

傾斜棚からの取り出し時に「屈まない」、集品箱への投入時「振り返らない」レイアウトにより、生産性を向上し、作業者の負担を軽減します。

傾斜棚の取出し位置から集品箱までの距離が最小化されるため、かがむ動作、商品を持って振り返る動作が不要となります。視点のブレも少なくなるため、船酔い現象のリスクを低減します。

ダブルライン:単行オーダーと複行オーダーでラインを分けて全体効率アップ

集品コンベヤを、メインとサブの2列配置。単行オーダーをサブラインで、複行オーダーをメインラインで集品することで、メインラインのゾーンヒット率を向上させます。また、作業者の手待ち時間を利用し、仮置き台に先行ピックしておくことで、更なる効率化をはかります。

自動投入装置:集品箱への投入を自動化

作業者の仕事は、表示器の指示に従って傾斜棚からピッキングした商品を、自動投入装置のテーブルに置くところまで。自動投入装置が、置かれた商品を重量検品し、集品箱が到着するとベルトで包んでやさしく投入します。

作業者は集品箱の到着を待たず、複数オーダー分の先行ピッキングを行うことができるため、作業効率が向上します。高頻度品、重量物、デリケートな製品のピッキングに最適です。

拡張オプション

ピッキング作業・映像検索システム

デジタルピッキングシステムの作業データと映像データを連携管理します。確認したい作業シーンを一発検索できるため、誤出荷や異物混入発生時の原因調査を容易にします。モーション検知により動きのあるシーンのみ録画するので、無駄な映像は保管されません。

この製品に関するお問合わせはこちらから

フォームからのお問合わせ

ピッキング設備に関する
お問合わせ

お電話でのお問合わせ

イントラロジスティクス事業部
受付時間 9:30~17:00
(土日及び当社指定の休業日を除く)

03-6721-3531