ここから本文です

Delphi Automotive / ARD Logistics

自動倉庫導入で自動車メーカーへの生産順・JIT納品体制を構築

米国の大手自動車部品メーカーDELPHI社は、メキシコ工場で生産したワイヤーハーネスを、アラバマ州にあるメルセデスベンツの2つの工場に納めています。この物流を担っているのが、3PLサービスプロバイダーのARDロジスティクス社です。同社は、ベンツ工場から19㎞の場所に立地するアラバマ物流センターに自動倉庫を導入し、ハーネスをベンツ工場の生産車両順にジャストインタイムで納品する体制を構築しました。

新物流体制の構築にあたり、ベンツの親会社であるダイムラークライスラー、デルファイ、ARDは三社間でリアルタイムに生産・在庫情報を共有できる情報システムを導入しました。ベンツ工場はハーネス使用の8日前に、デルファイ社メキシコ工場へ生産計画を送信し、デルファイ社はハーネスの製造に着手します。6日後、ARDアラバマ物流センターに到着した完成品ハーネスは、自動倉庫に保管されます。自動倉庫の在庫情報はベンツ工場に送信され、どのハーネスが納品可能状態にあるか確認できます。ベンツ工場では組立工場に車体が搬入されるとARDへその情報を送信します。ARDは該当ハーネスを自動倉庫から即出庫し、生産車両順にパレタイズして納品しています。