ここから本文です

株式会社ファンケル様

商品カテゴリー・販売チャネル別の8つの物流拠点を集約し、オム二チャネルに対応した新物流センターを稼働。最高度の物流システム、RFIDを国内最大規模で導入し、物流業務を大幅に効率化

1980年、無添加化粧品の通販会社として創業した(株)ファンケル様(本社:横浜市中区)。サプリメント(栄養補助食品)や発芽米・青汁なども手掛け、通販をスタートに全国規模での直営店開設、さらにコンビニなどの一般流通にも販売チャネルを広げ、事業を展開しています。 2008年8月、千葉県柏市に商品を一括管理する新物流拠点「ファンケル関東物流センター」を稼働させました。従来、商品カテゴリーや販売チャネル別に運営していた8カ所の物流拠点を集約。最新のマテハン設備に加え、1万4,000枚にものぼるRFIDタグを利用して高能力、高精度の物流システムを構築しました。センター稼働により受注当日出荷の割合を90%以上に高め、出荷精度は“ほぼミスゼロ”の水準にまで向上させる計画。鮮度・品質にこだわり顧客満足を追求する独自のサプライチェーンは、その物流インフラをより大きく進化させました。

RFIDタグを活用した最先端の物流システム顧客満足度の高い配送を実現

同センターでは新たに開発したWMS(倉庫管理システム)の下、商品を保管するケース自動倉庫「ファインストッカー(FS)」を核に、通販向けと直営店舗・一般流通・海外向けの2ラインを設置。スタッカークレーンによる自動補充システムを備えた「高能力デジタルピックシステム(C-DPS)」をはじめとした各種のピッキングシステム、高速自動仕分け装置、さらに100を超える検品ステーションなどで最高度の物流システムを構築しています。中でも特長的なのは、1万4,000枚のRFIDタグをオーダ別集品用容器に使用し、各工程への搬送をコントロールする仕組み。コンベヤ上には合計164台のリーダ/ライタが取り付けられており、正確・迅速に出荷を行えるようにしています。

導入の効果

課題

  1. 1.物流センター複数拠点にまたがるため、拠点間の在庫移動・顧客の商品受け取りが複数回になってしまう。

新センター構築効果

  1. 1.2,500アイテムの一元管理の実現
  2. 2.先進マテハン・ITの活用により、自動化・出荷精度の向上

先進のITを駆使した物流システムにより、処理能力・出荷精度は大幅に向上。当日出荷のオーダ締め切り時間を16時から18時まで延長することにより、当日出荷割合は78%から91%に増加しました。また、従来、0.04%程度あった誤出荷率は0.005%以下を達成できる計画です。

補充品を保管するケース自動倉庫。大きさの異なるプラスチックコンテナ・ダンボールなど荷姿に柔軟に対応できる。
デジタルピッキングシステムは処理能力を高めるため、仮置台に次オーダの商品を先取りしておけます。
ピッキング棚背面側は1通路にスタッカークレーン2台を使用し高能力化した自動補充システム

お客様の声

永坂 順二様

その日につくった商品を、その日のうちに出荷する創業当時のサプライチェーンのコンセプトです。それを継承し、現在の事業規模でも“すぐに商品が欲しい”というお客さまの声に対応していくためのシステム。今後、リスク回避の意味も含めて複数拠点化とし、お届けリードタイム短縮で、全国一律・翌日配送を実現する体制を備えたいと考えています。